公演情報

出演者プロフィール

Les Frères(レ・フレール)

レ・フレール

斎藤守也(さいとうもりや・兄)と斎藤圭土(さいとうけいと・弟)の兄弟によるピアノデュオ。兄弟ともに15歳よりルクセンブルク国立音楽学校に留学。ガーリー・ミューラー氏に師事し、クラシックピアノを学ぶ。コンポーザー・ピアニストとしてオリジナル楽曲の制作とライブを両軸に活動。故中村とうよう氏(音楽評論家)に「斎藤守也・圭土の音楽は、いま世間一般に流通するどの音楽ともまったく似ていない。(『芸術新潮』2008年11月号)」と評された独創的な楽曲とピアノプレイスタイル「キャトルマンスタイル※」を兄弟二人で確立。
2002年9月3日、出身地である横須賀のライブハウスにおいて「レ・フレール(フランス語で「兄弟」を意味する)」として活動を開始すると、その斬新かつ繊細なプレイスタイル、交響曲や器楽セッションを想起させるオリジナル楽曲、そしてライブパフォーマンスにより瞬く間に日本全国で「ピアノ革命」と話題となる。2006年11月8日にリリースしたメジャーデビュー作『PIANO BREAKER / ピアノ・ブレイカー』(Universal Music)はオリコンウィークリーチャートにおいてピアニストデビュー作歴代最高位を塗り替え、史上初のTOP20入りを果たし、さらにゴールドディスクを獲得。ジャンルを問わず、あらゆる年齢層を惹き付け、聴く人の魂を揺さぶる熱いオリジナルサウンドは着実に評価を高め、フランス・ベルギー・韓国でもメジャーデビュー(Universal Music)を果たし、ヨーロッパ各国・韓国・オーストラリアの主要都市などでツアーを開催。ピアノ一台で世界各国の聴衆を熱狂の渦に巻き込んでいる。また、共演においてはアクセル・ツヴィンゲンベルガー(Pf)、ハンク・ジョーンズ(Pf)、池宮正信(Pf)、大江千里(Pf)など海外アーティストとのセッションをはじめ、オリジナル楽曲をベースとしてオーケストラやソロアーティストとの融合を行うなど独自のアプローチで「連弾」を追求している。楽曲制作・提供では、テレビCM(ハウス食品「ソイチップス」「フルーチェ」・ハウスウェルネスフーズ「C1000レモンウォーター」・八木木材産業「エピオス・ロングライフ」・YOUテレビ他)、舞台(宝塚歌劇作品『オネーギン』他)、映画(『4分間のピアニスト』(2007年ドイツアカデミー賞受賞作品)イメージソング)、テレビ番組(TBS「はなまるマーケット」エンディングテーマ)など、多方面にわたり、各業界からの支持も厚い。さらに、結成時から続けている保育園や幼稚園での演奏活動や、災害復興を機にプロジェクト化した「こどもたちへの音楽支援活動」を全国各地で行うなど、次世代のこどもたちへの芸術文化発展にも大きな力を注ぎ、「レ・フレール」という唯一無二の音楽ジャンルを形成しながら世界に向けて発信し続けている。2012年11月21日には結成10周年を記念したライブ盤『Best of Live』をリリース、12月にはアメリカ・ニューヨークより管弦楽団「ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル(指揮:高原守)」を招聘しての共演公演「レ・フレール管弦楽団」を行い、1台4手連弾とオーケストラの融合で観客を魅了した。2013年は「KIRIN presents Best of Les Freres」ツアー、「KIRIN presents レ・フレール管弦楽団 meets ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル in OSAKA 〜Premium Encore 〜」など精力的な活動を展開している。

※「キャトルマン」はフランス語で「4本の手」=「連弾」のことを言う。通常2本の手で成し得ない可能性を4本で探りながらできたレ・フレールのプレイスタイルを「キャトルマンスタイル」と名付けた。





斎藤 守也(さいとう もりや)

斎藤守也

ピアニスト/コンポーザー
1973年11月5日生まれ。幼少期より音楽に興味を持ち、家にあったキーボードを使い自己流で作曲をする。12歳の時ピアノを始め、15歳よりルクセンブルク国立音楽学校に留学。ガーリー・ミューラー氏に師事し、クラシックピアノを専攻。その他音楽理論等を学ぶ一方で、オリジナル楽曲の作曲活動を続ける。22歳で同校ピアノ科プルミエ・プリ(最優秀)修了し、帰国。
帰国後は作曲活動を中心にライブハウス・レストラン・バーなどでのソロ活動やバンド活動を行う。

情熱的でポップな旋律の楽曲から、狂詩的なバラードまで幅広い作品を作り出し、独自の世界観を築いている。内省的で深みのある音は自由さと誠実さを併せ持ち、歌を奏でているようなプレイで聴く人の心をひきつける。
また、舞台音楽をはじめ、さまざまな方面から注目を集めており、ラジオ・テレビなどでの楽曲使用も多い。
独特な編曲センスはこれまでのジャンルにない、レ・フレールサウンドとして表現されている。
2013年11月6日にソロ・プロジェクト作品集『旅』をユニバーサル ミュージックよりリリース予定。





斎藤 圭土(さいとう けいと)

斎藤圭土

ブギ・ウギ&ブルース・ピアニスト/コンポーザー
1978年11月18日生まれ。6歳から17歳までクラシックピアノを学ぶ。15歳よりルクセンブルク国立音楽学校に留学し、ガーリー・ミューラー氏に師事。17歳で帰国後、ヨーロッパで出会ったブ・ウギ・ピアノを本格的にマスターする。2000年春、21歳の時、ブギ・ウギ界の巨匠、ドイツ人ピアニストのアクセル・ツヴィンゲンベルガー氏との共演をきっかけに「ブギ・ウギ・ピアノ」の伝承に将来を捧げることを決意する。その後、日本人として初めて国際ブギ・ウギ・フェスティバルに招聘されるなど、海外での演奏活動を数多く展開。2008年11月、初のソロアルバム『Boogie Woogie Far East』(Universal Music)をリリース。2012年4月にはアクセル氏との共作となるライヴアルバム『THE JOY OF BOOGIE WOOGIE / LIVE』(Quatre Mains Records)をリリース、名実ともにブギ・ウギの継承者、次世代を担うブギ・ウギ・ピアニストとして、ブギ・ウギ・シーンをアジアから牽引し、卓越したリズム感と即興演奏で、国内外の音楽ファンを魅了し続けている。コンポーザーとしての作曲活動面では、「Cross 第3番」(映画『4分間のピアニスト』(ドイツアカデミー賞受賞作品)イメージソング)、「完璧なお城変奏曲 第4章マスカラード」(宝塚歌劇舞台『オネーギン』)、「空へ」(ハウスウェルネスフーズ「C1000レモンウォーター」テレビCM/ 八木木材産業「エピオス・ロングライフ」テレビCM)、「For Kids'」(YOUテレビ「こどもの安心・安全」イメージソング)など楽曲提供も多方面にわたる。また、メロディアスで詩的な楽曲や物語性のある楽曲の数々は、舞踊曲として舞台音楽・バレエ音楽などに多く使用されている。作曲家としての実績も着実に積み、今後の活動にさらに期待が高まる。
2013 年8月21日『音楽家たち 〜 Keito Saito and his friends 〜』をユニバーサル ミュージックより発表。




ページのトップへ
(公財)北九州市芸術文化振興財団 音楽事業 営業時間 9:00~18:00 土・日・祝、年末年始休み

〒805-0062 北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 響ホール内
Tel. 093-663-6661 Fax. 093-662-3028