公演情報

出演者プロフィール
 

ストリング・クヮルテット ARCO

ストリング・クヮルテット ARCO

数々の国内外のコンクールに入賞、またはオーケストラの首席奏者を務めるなど、既に個人として高い評価を獲得している日本の音楽界期待の4人によって1996年に結成された弦楽四重奏団。これまでに東京クヮルテット、アイザック・スターン、山崎伸子、原田幸一郎他の各氏の指導を受ける。97年JTアートホール室内楽シリーズ及び京都でデビューコンサートを開催、妥協のない音楽創りとエネルギッシュな演奏で好評を博す。98年第3回宮崎国際室内楽音楽祭、北九州国際音楽祭に出演するほか、NHK-FMリサイタルへの出演、JTアートホール室内楽シリーズにおける定期的なコンサートの開催等、本格的な活動を開始。99年第3回大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門第3位入賞(日本人として最高位)。2000年ヴィオラの柳瀬省太を新メンバーに迎える。同年9月にはビクターより1stCD「アンダンテ・カンタービレ」を発表、12月にはカザルスホールにてCDデビューコンサートが開催された。また02年3月には2ndCD「ハイドン:『皇帝』」をリリース。これまで吉野直子(Hrp)、横川晴児(Cl)、田部京子(Pf)、赤坂達三(Cl)、大萩康司(Gt)、アワダジン・プラット(Pf)、カール・ライスター(Cl)の各氏と共演。静岡音楽館AOI・レジデンス・クヮルテット及び東京クヮルテットとのジョイントコンサート、NHK教育テレビ『シャルル・デュトワが若者に贈る音楽事典』、新日鉄コンサート、東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」、サイトウ・キネン・フェスティバルふれあいコンサートや武満徹メモリアルコンサート等に出演。近年のハイライトとしては、NHK教育「芸術劇場」やNHK-BS「クラシック倶楽部」で放送されたスティーヴ・ライヒの《ディファレント・トレインズ》で、大きな話題を集めた。

伊藤 亮太郎(第1ヴァイオリン) Ryotaro Ito

伊藤 亮太郎

桐朋学園ソリスト・ディプロマコース修了。第58回日本音楽コンクール・ヴァイオリン部門第1位。その後、第1回ストラディヴァストラディヴァリウス・コンクール優勝。チャイコフスキー国際コンクールでディプロマ賞受賞。これまでにソリストとしてローザンヌ室内管、東響、札響と共演する他、JTアートホール室内楽シリーズ、サイトウ・キネン・オーケストラ、宮崎国際音楽祭、北九州国際音楽祭等に参加。2005年6月札幌交響楽団コンサートマスターに就任、現在に至る。

双紙 正哉(第2ヴァイオリン) Masaya Soshi

双紙 正哉

桐朋学園大学卒業。1984年北九州音楽コンクール小学生の部第1位優勝。併せて文部大臣賞受賞。86年全日本学生音楽コンクール中学生の部西日本大会第1位優勝。大学在学中より広島交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団のゲストコンサートマスターを務める。95年、東京交響楽団のアシスタントコンサートマスターに就任。98年退団後はソロ、室内楽を中心に活躍。2004年北九州市民文化奨励賞受賞。05年東京都交響楽団第2ヴァイオリン首席奏者に就任、現在に至る。

柳瀬 省太(ヴィオラ) Shota Yanase

柳瀬 省太

東京藝術大学音楽学部、桐朋学園ソリスト・ディプロマコースに学ぶ。1996年、第52回ジュネーヴ国際音楽コンクールディプロマ賞。97年、第1回淡路島しづかホールヴィオラコンクール第1位。2002年、文化庁芸術家在外派遣研修生としてイタリア・パドヴァに留学。04年から09年までシュトゥットガルト州立歌劇場管弦楽団、帰国後、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席ヴィオラ奏者を経て、14年4月、読売日本交響楽団ソロ・ヴィオラ奏者に就任。


古川 展生(チェロ) Nobuo Furukawa

古川 展生

桐朋学園大学卒業。1995年第64回日本音楽コンクールチェロ部門第2位入賞。96年、ハンガリーのリスト音楽院に留学。98年帰国後、東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任、現在に至る。2003年第2回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。11年第31回藤堂顕一郎音楽褒賞受賞。13年第31回京都府文化賞受賞。藤原道山や妹尾武と結成した「KOBUDO-古武道-」や映画「おくりびと」のテーマ曲のソロ演奏を担当するなど、各方面から注目を集めている。

ページのトップへ
(公財)北九州市芸術文化振興財団 音楽事業 営業時間 9:00~18:00 土・日・祝、年末年始休み

〒805-0062 北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 響ホール内
Tel. 093-663-6661 Fax. 093-662-3028