公演情報

出演者プロフィール

ブルーオーロラ サクソフォン・カルテット

サックス界の革命児、平野公崇が満を持して結成したサックス四重奏団。ソロ活動やオーケストラとの共演等を中心に演奏活動を行う中、同じ楽器同士の響きに次第に魅力を感じ始めた平野がカルテット結成を実現するにあたり各世代の才能を結集、最強サックス四重奏団“ブルーオーロラ”を誕生させた。2011年秋に行ったCDリリース記念ツアーではCD収録作品に加え即興演奏や平野による新作も披露し、センセーショナルな成功を収めた。

写真:(C)ノザワヒロミチ(CAPSULEOFFICE)

平野公崇(ソプラノ・サクソフォン)Masataka Hirano – Soprano Saxophone

正統派クラシックから、即興、ジャズまで、幅広いフィールドを縦横無尽に駆け抜ける実力派サクソフォニスト。東京藝術大学卒業後パリ国立高等音楽院で学び、在学中にJ.M.ロンデックス国際コンクールを制し、日本人として初の優勝者となる。東京藝術大学、エリザベト音楽大学、東邦音楽大学、洗足学園音楽大学非常勤講師。フランスのギャップ国際大学およびアカデミー・ハバネラ講師。






田中拓也(アルト・サクソフォン)Takuya Tanaka – Alto Saxophone

15才よりサクソフォンを始める。第25回日本管打楽器コンクール第1位並びに特別大賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞を受賞。優秀学生顕彰事業大賞受賞。東京藝術大学在学中アカンサス賞受賞。サクソフォンを平野公崇氏に、室内楽を中村均一、林田祐和の各氏に師事。都立芸術高校、東京藝術大学を経て、現在、洗足学園音楽大学非常勤講師。







西本 淳(テナー・サクソフォン)Jun Nishimoto – Tenor Saxophone

1998年大阪音楽大学音楽学部器楽学科を首席で卒業。2000年同大学院音楽研究科管弦打研究室修士課程修了。08年ジャン=マリ・ロンデックス国際サクソフォンコンクールセミファイナリスト。各地でソリストとして活動するほか、大阪音楽大学、相愛大学、武庫川女子大学、相愛高等学校講師として後進の指導にも力を注いでいる。







大石将紀(バリトン・サクソフォン)Masanori Oishi – Baritone Saxophone

99年東京藝術大学卒業。同年、同大学大学院修士課程に入学し、2001年に修了。2001年に渡仏しパリ国立高等音楽院に入学。05年よりパリ国立高等音楽院第3課程室内楽科(サクソフォン四重奏)に進み07年に修了。10年にはNHK BSクラシック倶楽部において特集されるなど幅広く活動している。東邦音楽大学・大学院および洗足学園音楽大学非常勤講師。



写真:(C)ノザワヒロミチ(CAPSULEOFFICE)

ページのトップへ
(公財)北九州市芸術文化振興財団 音楽事業 営業時間 9:00~18:00 土・日・祝、年末年始休み

〒805-0062 北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 響ホール内
Tel. 093-663-6661 Fax. 093-662-3028