公演情報

出演者プロフィール 

金子三勇士 [ピアノ] Miyuji Kaneko


 1989年、日本人の父とハンガリー人の母のもとに生まれる。6歳で単身ハンガリーに渡りバルトーク音楽小学校にてハンガリーのピアノ教育第一人者 チェ・ナジュ・タマーシュネー に師事。1997年と2000年に全国連弾コンクール優勝、2001年には全国ピアノコンクール9~11歳の部で優勝。2001年、飛び級(11歳)でハンガリー国立リスト音楽院大学(特別才能育成コース)に入学、エックハルト・ガーボル、ケヴェハージ・ジュンジ 、ワグナー・リタ に師事。 2006年全課程取得とともに日本に帰国、東京音楽大学付属高等学校に編入し、清水和音、迫昭嘉、三浦捷子に師事。 2010年10月にリリースされたデビューアルバム「プレイズ・リスト」はレコード芸術誌の特選盤に選ばれた。2011年第12回ホテルオークラ音楽賞を受賞。2012年第22回出光音楽賞を受賞。2012年第4回C.I.V.C.ジョワドヴィーヴル賞を受賞。2013年、平成24年度上毛賞「第10回上毛芸術文化賞 音楽部門」を受賞。これまでに、準・メルクル指揮/読売日本交響楽団、ゾルタン・コチシュ指揮/ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団、ジョナサン・ノット指揮/東京交響楽団、小林研一郎指揮/読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団(現日本センチュリー交響楽団)、下野竜也指揮/京都市交響楽団などと共演。海外ではハンガリー、アメリカ、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス、ギリシャ、ルーマニア、チェコ、ポーランド、中国などで演奏活動を行なう。東京音楽大学ピアノ演奏家コースを首席で卒業し、同大学大学院器楽専攻鍵盤楽器研究領域修了。 日本デビュー5周年となった2016年3月にユニバーサルミュージックよりCD「ラ・カンパネラ~革命のピアニズム」をリリース、9月にはソロ・リサイタル「金子三勇士5大ソナタに挑む!」を開催した。 2017年8月には「ハンガリー子どものためのバルトーク国際ピアノコンクール」派遣選考会にて審査員を務める。また11月にブダペストで開催される本コンクールでも審査員として参加した。NHKFM「リサイタル・パッシオ」の司会を担当、毎週若手アーティストを紹介している。2019年5月には新譜CD「リスト・リサイタル」をリリース、また同年10月公開の映画『蜜蜂と遠雷』では、主人公の一人「マサル」のピアノ演奏を担当、9月にはサウンドトラック「金子三勇士plays マサル」もリリースされた。 キシュマロシュ名誉市民。スタインウェイ・アーティスト。

 オフィシャル・ホームページ: http://miyuji.jp/

北九州市立高等学校吹奏楽部 [吹奏楽] 

 北九州市立高等学校吹奏楽部は今年度創部52年目を迎え、その間、全国高等学校総合文化祭に3回、九州吹奏楽コンクールに20回、九州マーチングコンテストに14回、九州アンサンブルコンテストに23回出場するという結果を残してきました。
 演奏活動はコンクールやコンテストだけでなく、近隣の催し物での演奏や北九州市(行政)からの依頼演奏など、地域貢献を重視し、幅広く行っています。また、活動の集大成として、毎年秋に行う定期演奏会は46回を数え、様々なジャンルの曲にチャレンジし続けています。
ページのトップへ
(公財)北九州市芸術文化振興財団 音楽事業 営業時間 9:00~18:00 土・日・祝、年末年始休み

〒805-0062 北九州市八幡東区平野1丁目1番1号 響ホール内
Tel. 093-663-6661 Fax. 093-662-3028